結局バイトは見つかった。いずれ報告できることになるだろう(と思うのだけど、初っ端から少しつまずき気味なのが気になる)。

 パロディ・オマージュ元を見つけることを無常の喜びと捉える人々も数多く、僕なんかもその一人ではあるのだけど、自分が作り手に回った時、無意識の内に別の作品の影響をもろに出してしまっていた場合の気恥ずかしさというのはちょっと異常だ。

 例えば、久米田康治が『さよなら絶望先生』でドラえもんのある話のオチを無意識的になぞってしまっていた、ということが昔あった。当時、僕を含めたファンは、久米田先生が藤子ファンでドラえもんパロを過去にもやってきたことを知っていたから、今回もその一つなんだろうなあ、と感じていたはずだ。でも実際は、無意識にパクってしまっていたということで、本人は弁明していた(結局小学館側も別に気にしない、と返事をしたそうだけど、本人は随分傷ついていたようだ)。

 この場合恐ろしいのは、自分の制御下に置けない自分というものが、作品と言う形をとって目の前に現れてくることだろう。

 ことばそのものが自分オリジナルのものであることはなくみな借り物だということは前提としても、借り方に偏りが無意識に生じてしまっていることはまた別問題だ。

 

 という訳で、ひとり傷付いていた。

 傷付きながらも次に活かそうと思い、現実逃避に競作用の原稿に手を付け始めるなど。そんな土曜日。